自閉症を持つ女の子の父(自閉症、発達障害の子育て体験談+アドバイス)

自閉症を持つ女の子の父(自閉症、発達障害の子育て体験談+アドバイス)

TOPページ 育児体験談 > 自閉症を持つ女の子の父

 

自閉症を持つ女の子の父

「これで俺も父親になるんだ」と思った、それからがもう!戦いが始まりました。まず娘はおっぱい一切受け付けず飲んでも全部吐き出し、再度入院生活が始まり、奥方も体調も戻らないので母子共々又1 か月入院。0 歳の時は大人しい子で夜鳴きはしない、いつも、話しかけると笑っている子でした。

だが、半年が経ち夜中に目を覚ましブツブツ言うようになり何故か天井見てにやりとするようになってきた。いつも不思議でした。ちょうどその頃、ハイハイの仕方が変?足が全然動いてない。

まるで、引きずるようなハイハイでした。レントゲン撮影して異常無しの診断でした。でもその頃?夜鳴きが凄くなりとにかく寝てられなくなりました。そのことで夫婦喧嘩し始めそれが約 1 年間続きとにかく、休みの日はパチンコ!極悪な父親でした。それで1 歳半検診があり、まず、何もしない、泣いてばかり、そこで自閉症では?となったのだけど、その頃はもう歩き出して散々暴れまくっていましたね。物投げて蛍光灯割って頭から破片は振ってくる、何処でも自傷行為はする、気にいらなければ物は投げつける。そんなことが続きあっと!いう間に2 歳半検診がきて、そこで紹介された療育園に通い始めて、でも半年間成長は見られなかったわけです。

そして紹介状もって行って、先生と問診を受けて、病院紹介してもらいそこで、正式診断うけました。障害名「非定型の自閉症」・・奥方は泣きながら私に、謝り、もう・・鬱になっていたようです。その辺からこのままじゃ駄目だと、目が覚めたと言った方が正しいでしょうね、やっと育児に参戦しました。毎週、休みの木曜日には療育園に付き合い、かまうようになりましたね。

そしたら、なつくようになって親馬鹿が始まりました。娘も言葉も増えて、場所も変えても、泣き叫ぶ事も減ってきて。ただオムツだけは取れませんでした。そこの、療育園に通い始めてそこで知り合いになったお父さん達とイベント(飲み会)に参加しながら勉強し始めました。で分かったことは・・つまりどうであれ「自分の子供のプロになれば、いい」ということでした。

他の子はどういう障害であっても全部違うわけで。障害児も 100 人いれば 100 人違うわけで。本とかに、書いてあることが全てでは無い!だから必死で娘の特徴・性格・一瞬一瞬の気持ちの変化を観測し、ひたすら勉強し始めました。

療育園で 1 年間通って卒園を迎える前に難問が持ち上がった。そう、3 歳になっているから幼稚園にするか?保育園にするか?保育園にしぼり毎週一回だけお試し保育に行かせて1 本に絞り、面接受けて入園した。まぁ入園したら子供達の優しさには驚いた。

娘が、他の子に虐められていると「どうして?そんな事言うの!」とかばってくれたり本当にそれは子供達には感謝しました。だけど、娘は自分には正直で過ごして相変わらずストレスが溜まると自傷行為はしていました。手は自分で噛んだみたいで歯型がしっかり残っていて折檻していると疑われたこともありました。友達と喧嘩して噛み付いたり叩いたりと暴れまくりどれだけ頭下げたかわかりません。

年中さんになりオムツも取れて。それで無事卒園迎えて小学校の入学を迎えました。入学式で娘は大泣きして!大きな声で「帰る~」とほえていたそうです。

波乱の入学式でそこからがいよいよ娘の本領が発揮。暴れまくり学校にはご機嫌で行くのだけど校門で先生が挨拶しても「フンッ」教室ではランドセルは、ぶん投げるわ。机はけり倒すわ、とめれば噛み付くし凄かったようです。娘の学校、特児クラスは毎年、年に 2 回一泊二日の旅行があるんだけど、3 ~4 年生までとにかく心配でした。宿泊の目的は自立が目的なのだけどそういう所では布団を敷くとかするのだけど家庭では全然しなくて親がやって当たり前!って親にやらせている。気分は女王様ですね。

来年はもう中学です。相変わらず、自分には素直で。とにかくまっすぐ!です。それに対しては困る事も多いですけど子供育てていると子供に教えてもらう事ばっかりです!でも親が思うより障害児でも成長します。そりゃ普通って言われる子供よりゆっくりです。

それでも成長します。楽しいです。毎日、驚きの連続。この子がいるから父親ができるのだし「お父さん!」っていってくれるのもこの子しかいません。だから頑張れるのかもしれない。やっと!父親になってきたのかもしれない。自分が。


ページトップへ↑