アスペルガー・ADHDをもつ子の母(自閉症、発達障害の子育て体験談+アドバイス)

アスペルガー・ADHDをもつ子の母(自閉症、発達障害の子育て体験談+アドバイス)

TOPページ 育児体験談 > アスペルガー・ADHDをもつ子の母

 

アスペルガー・ADHDをもつ子の母

Dくん(アスペルガー・ADHD・LDをもつ中学生)の母の体験談

生まれたときは手がかかりませんでした。夜泣きすることもなく、ただ熱性けいれんを一回起こしただけで、それ以降はありませんでしたから、特に脳波もとりませんでした。

ただ言葉が二歳半になってもありませんでした。がすぐ出るようになりまして異常なしといわれました。

幼少時のころから友達づきあいのない子でした。保育園では交流は見られるのですが、お友達の家と離れていたせいだと思っていました。あまり遊びに行こうということがなかったように思います。散歩をすると同じ道に行きたがり、違う道を行こうとすると泣いてかんしゃくを起こすようになりました。

大きな公園で勝手にどんどん違う道を行ったりして迷子になってしまうこともありましたが、本人は泣くことはなく、きょとんとしていました。小学生にあがりバスの時刻表にこだわりを持つようになった彼はスイミングの送迎バスの時刻は絶対に忘れませんでした。

鍵っ子だったのですが、親がはりきって仕事を終わらせて「今日は迎えに行くからね」といっても時刻が近づくとバスに乗って一人帰ってしまうような子でした。

あとはとにかく多動で生傷が絶えずソファのうえでぴょんぴょんはねたりして、テーブルの角に目をぶつけたり、わけのわからない奇声を発しながらぐるぐるまわってみたりする子でした。何かおかしい。

そう思い児童デイサービスの人に相談すると、医師の相談日があるというのでその日に連れて行ったら、一発で「この子はアスペルガーの対処をしてあげてください」といわれ、ああ、やっぱり、と思いました。その後検査でIQが高く療育手帳の対象にはならず、児童相談所ではまったく相手にされないまま、個人病院でADHDとLDがあることもわかりまして、必死で市へ直接、通級の依頼を申し込みました。

そして卒業するまで通級は続け、今は普通中学で生活を送る日々ですが、いじめ問題で一年間不登校。他人と交流がもてないので体育祭も一人ぼっち、職場体験・修学旅行はすべてキャンセルして家で過ごしてきました。

内申に響く三年生になってからは不登校もなく笑顔で学校へ通っていますが、いじめの問題はまだ残っています。受験も心配ですが、その先の高校生活や、バイトなどの就労は果たして乗り越えられるのか。心配です。

ページトップへ↑